※郵便番号はお住まいの地域の相場と参考事例をご紹介させて頂くためにご入力頂いております。
  • HOME
  • ブログ
  • トヨタホームの外壁塗装、外壁塗り替えをお考えの方に【お役立ち情報】です。

トヨタホームの外壁塗装、外壁塗り替えをお考えの方に【お役立ち情報】です。


トヨタホームの外壁塗装、外壁塗り替えとは
-種類-

トヨタホームのリフォームや外壁塗装をその特徴を踏まえて順番に説明していきます。他のハウスメーカーにも見られるような特徴もありますがトヨタホーム独特の特徴もあります。適切な対処法と手順で失敗のない外壁塗装を行いましょう!
まずはトヨタホームのラインナップにはシンセシリーズやエスパシオなどがありますが古くはオークなどのシリーズがありました。

44.jpg 58.jpg
建物のシリーズによって工法が異なりますが特徴的な部分以下の通りまとめてみました。基本的には一般的な外壁塗装で問題ありませんが注意点がいくつかありますので確認してみてください。
最後に実際に当社で行ったトヨタホームの外壁塗装事例も掲載しています。クリックしていただくと外壁塗装工事の手順も時系列で掲載されていますのでこちらも確認してみてください。




トヨタホームの外壁塗装、特徴その① 
-パッキン(定型シール材)-

トヨタホームの特徴の一つとしてまず最初にあげられるのが外壁材(サイディング)のジョイント目地のパッキン工法(定型シール材)。
一般的な軸組工法の木造住宅ではこの部分をシーリング(コーキン グ)施工されていますが、トヨタホームではパッキンが多く使われています。経年劣化とともにこのパッキンが硬化し築年数が古くなると浮き上がってくるのも特徴で す。状態によって対処法が異なりますが、基本的にはこのパッキンを撤去して新たにシーリング材を充填することになります。

状態がよくパッキンの浮き上がりが見られない場合は適切なプライマー処理を行った後塗装に入ります。

トヨタホームimage017.jpg トヨタホームimage019.jpg
既設のパッキンです。 パッキンを撤去します。
image023.jpg image025.jpg
側面にプライマーを塗布します。 シーリング材の充填です。
トヨタホーム 外壁塗装image027.jpg トヨタホーム 外壁塗装image031.jpg
ヘラを使ってしっかりと押さえ込みます。 パッキンからコーキングへの打替え完了です。

このような手順で施工を行った後、乾燥期間を置き外壁塗装に入っていきます。

また、コーキングにも種類があり最近では20年以上耐用年数のあるもの(ジョイントエンペラー)も存在していますので、こうしたコーキング罪に打ち替えることでパッキンよりも長持ちさせることが可能となります。



トヨタホームの外壁塗装、特徴その② 
-セメント瓦-

ま たもう一つ、トヨタホームの特徴としてセメント瓦が多く使用されています。モニエル瓦などと同様に仕上げ塗装の前工程の下地処理が大切になります。まずは高圧洗浄で劣化した塗 膜を除去し、しっかりとプライマー処理を施した後仕上げ塗装に入ります。カラーベストなどのスレート屋根材と比較するとセメント瓦は塗料の吸い込みが激しい ため、吸い込みが止まるまでしっかりとプライマーをなじませることが肝要です。この洗浄と下地処理があまいと後々塗膜剥離の原因となるので注意が必要です。


トヨタホーム 外壁 塗装 屋根.jpg 外壁 塗装 トヨタホーム.jpg
専用の洗剤(バイオ洗剤)を塗布します。 高圧洗浄でしっかりと洗浄します。
トヨタホーム 外壁塗装DSC01013.jpg トヨタホーム 外壁塗装DSC01022.jpg
プライマー塗布1回目です。 プライマー塗布2回目です。
DSC01023.jpg DSC01026.jpg
写真のように飴色になるまで下地処理をします。 仕上げ塗装1回目です。
外壁塗装DSC01030.jpg 外壁塗装DSC01049.jpg
仕上げ塗装2回目です。 セメント瓦の屋根塗装完了です。

セメント瓦は表面の塗膜が剥がれてしまうとセメントの性質上水を吸うようになります。こうなると瓦の母材自体の劣化が急速に進みますので早めに(塗膜の劣化が進む前に)塗装することが大切です。


またカラーベストなどのスレート系屋根材の場合もセメント瓦同様に行いますが長期的なメンテナンスを考えると塗装よりカバー工法をお薦めします。

トヨタホーム カバー.JPG トヨタホームカバー1.JPG
【Before】 既設のカラーベスト屋根です。 【After】 カバー工法施工後です。



トヨタホームの外壁塗装、特徴その③ 
-塗膜剥離、爆裂-

その他にトヨタホームの外壁の特徴というか、弊社で何十軒と塗装してきた中でよく見かけたケースですが外壁材の最下部(土台水切り部分のすぐ上の外壁部分)に水が回っているケース。
以下の写真は異なる建物ですが殆ど同じような症状が出ています。

トヨタホーム 外壁 塗装DSC09012_R.JPG トヨタホーム 外壁 塗装IMG_8033.JPG
サイディングの塗膜剥がれ サイディングの爆裂状況

何れの場合も勝手口下の部分で壁を伝った、雨水がサイディングの小口から浸透し塗膜を浮き上がらせてしまっています。症状が軽度であれば浮き上がった塗膜を除去してコーキング処理の後塗装、症状がひどい場合には一部サイディングの張り替えも必要となります。
外壁塗装の施工前にこうした補修、張替えが重要となります。



トヨタホームの外壁塗装、特徴その④ 
-幕板・帯-


すべてのシリーズに取り付けられているわけではありませんが、非常に多くみられる1階と2階の見切り材です。幕板とか帯などと表現しトヨタホームの場合は樹脂製のものが取り付けられています。ほかのハウスメーカーや一般的な工務店では木製やサイディングのものもあります。
トヨタホーム 幕板 修繕 外壁塗装 施工前.jpg 幕板 ビス打ち トヨタホーム 外壁塗装.jpg
幕板が浮き上がっている既設の状態 塗装前にしっかりとビスで固定します。
外壁塗装 トヨタホーム ビス固定完了.jpg トヨタホーム 幕板 官僚 外壁塗装(1).jpg
浮いていた部分をビスで補強します。 ラインが整っているか最終確認です。

トヨタホームの幕板・帯は浮き上がっているケースが非常に多くみられ、外壁塗装の前に浮いている個所をビスで固定します。浮いている=雨漏り とはなりませんが足場を組んだ際にしかできない工事なので必ず行いましょう。


トヨタホームの外壁塗装、特徴その⑤ 
-ヒートブリッジ-

トヨタホームの構造は鉄骨造(パネル工法)ですが鉄骨造ならではの「ヒートブリッジ」という現象が冬場に見られます。時々お客様から「不具合じゃないの?」と聞かれますが
これは不具合ではなく鉄骨造によく見られる現象で、建物構造部の鉄骨の熱伝導率と断熱材が入っている部分の熱伝導率が異なるため鉄骨柱部分がうっすら浮き上がって見える現象です。

ヒートブリッジ 1.JPG ヒートブリッジ 2.JPG
ヒートブリッジ① ヒートブリッジ②


写真のように濡れているところと乾いているところが見られますがこれは塗装では基本的に解消されません。ただしガイナのような断熱塗料で外壁塗装を行う事で軽減することは可能です。


トヨタホームの屋根外壁塗装についてのお問い合わせはリフォームスタジオニシヤマまで。







外装リフォームをお考えの方におすすめ情報

cnt_hajimeni01_01sp.png cnt_hajimeni02_01sp.png
cnt_cmp01_01sp.png cnt_cmp02_01sp.png cnt_cmp03_01sp.png
cnt_150_01sp.png
cnt_neta_01sp.png
cnt_works_01sp.png
cnt_dousen01_01sp.png cnt_dousen02_01sp.png cnt_dousen03_01sp.png

施工に関連する内容の記事はこちら



雑誌掲載されました!

558件

259件

43件

215件

238件

142件

求人のお知らせ

mynavi2018.jpg
バナー2.jpg 友だち追加