※郵便番号はお住まいの地域の相場と参考事例をご紹介させて頂くためにご入力頂いております。
  • HOME
  • ブログ
  • 外壁がボロボロに。原因は壁内結露。その解決策とは!?

外壁がボロボロに。原因は壁内結露。その解決策とは!?

豊田市築18年のお住まいの方から外壁塗装のご依頼があり、さっそく現地調査にお伺いすると、換気フードの周りの外壁がボロボロになっていました。
1 2
こちらは施工前です。 施工前2

浴室の側ということもありますが換気扇に汚れが詰まっていて外壁の内側に熱気が回り、外との温度差で湿気が起き、内部からの湿気が原因でボロボロになっていました。

このままだと塗装を行える状況ではありませんので、まず外壁の張替えと換気扇の交換を行いました。


1 2
最初に外壁を剥がしていきます。 外壁剥がし施工中
1 2
換気扇ジャバラ伸ばし 気密テープ貼り

湿気がまわり断熱材が水分を含んで黒く汚れているのがお分かりいただけると思います。換気扇のジャバラの処理が綺麗にされていなかったのでジャバラを外まで伸ばし、ジャバラと壁周りに気密テープを貼りました。


1 2
外壁貼り完了 コーキング打ち

断熱材の乾燥を待った後、最後に防水処理をして外壁を貼り、外壁とジャバラ周りにコーキング打ち換気フードを取り付けていきます。


1
完了(新しい換気フードの取り付け)

以上で外壁の張替えが完了です。ここまで施工した後に、塗装を行っていきます。
このように外壁がボロボロになっている場合は、しっかり調査をした上で塗装を行いましょう。

施工に関連する内容の記事はこちら

雨漏れに関連する内容の記事はこちら



雑誌掲載されました!

495件

229件

36件

208件

224件

123件

求人のお知らせ

mynavi2018.jpg
バナー2.jpg 友だち追加