※郵便番号はお住まいの地域の相場と参考事例をご紹介させて頂くためにご入力頂いております。
  • HOME
  • ブログ
  • 既存外壁をはがさずカバー工法でのリフォーム工事

既存外壁をはがさずカバー工法でのリフォーム工事

外壁の劣化が目立ち、そろそろリフォームをしたいとのお問合わせでお伺いいたしました。
K様邸は今までメンテナンスを行っておらず、新築から20年近く経っておりました。屋根は洋瓦で調査しても問題はありませんでした。外壁は一見、悪くないですが、近くで見ると割れや反り、浮いている箇所もありました。劣化がかなり進んでいて悪い状態でした。


1
施工前

1
施工前

1
施工前

1
施工前


外壁を補修して、塗装することも可能ですが、お客様とメリットやデメリット、今後のメンテナンスのことを考え、今回は外壁の重ね張り工法(カバー工法)でリフォームを行うことにしました。
重ね張り工法の特徴は次のようなことが言えます。
【メリット】
・大幅なイメージチェンジができ、新築のような外観になる。
・既存外壁をはがさないため、張替えに比べると廃材が少なく、工期も短い。
・重ねて施工することで、断熱、遮音効果の向上に期待できる。
・自宅に住みながらのリフォームが可能。
【デメリット】
・塗装に比べると初期費用が高価。
・配管交換など附帯工事費が必要な場合がある。
他にもメリット、デメリットはありますので、予算、付加価値などを考慮して検討しましょう!

今回、外壁材に採用したのはニチハのセンターサイディングです。センターサイディングの構造はこのような建材です。
1、 耐久性、断熱性に優れた三層構造
表面材は塗装高耐食GLめっき鋼板。断熱材(心材)は硬質ウレタンフォーム。裏面材はアルミラミネート加工紙です。
2、 塗装高耐食GL鋼板は従来の亜鉛めっき鋼板に比べて約3~6倍の寿命が可能
センターサイディングの構造に関して詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.nichiha.co.jp/wall/center/point01.html

まずは商品選びです。いくつかサンプルを手配してお客様と打合せしました。
そして、ニチハの外観シミュレーションシステムを使用して、実際の建物に似せて画像を作成、サンプルの色をのせ、シミュレーションを作成しました。3種類作成して今回はこちらに決定しました。


1
サンプル

1
シュミレーション


施工方法を紹介します。
まずは、胴縁を既存の外壁に留め付けします。今回は樹脂胴縁を使用しました。そして、水切り、防水紙を張ります。その後、先付けの部材を付け、本体の張り付け、後付けの部材を留め付けして、必要な箇所にコーキングして完了です。
施工の一連の流れは次のような施工です。

1
胴縁、水切り

1
防水紙

1
先付け部材

1
本体

1
コーキング


外壁以外のところは塗装を行いました。附帯部もキレイになりました。
どうでしょうか?本当に新築のようになりましたね。

1
完工写真


もちろん、塗装よりは初期費用がかなりますが、付加価値がたくさんあります。
デザインを一新できること。断熱効果が向上すること。耐久性も塗装よりも格段に良いこと。
シミュレーションも活用でき、イメージ通りでした。外装リフォーム工事を検討し始めてから約1年でようやく完工できました。予算は少しかかってしまったが、やって良かったと言ってもらえました。
お客様も出来上がりには大変満足されていました。
建物によっては適用できないこともありますが、リフォームの際は是非、検討してみてください。

外壁の重ね張り工法(カバー工法)にご興味を持たれた方や外壁、屋根のリフォームを含め外装リフォーム工事をもっと知りたい方は是非、お問合わせください。



雑誌掲載されました!

515件

238件

37件

210件

226件

129件

求人のお知らせ

mynavi2018.jpg
バナー2.jpg 友だち追加