※郵便番号はお住まいの地域の相場と参考事例をご紹介させて頂くためにご入力頂いております。
  • HOME
  • ブログ
  • ストーンチップ鋼板ハイブリット屋根材で屋根カバー工法工事

ストーンチップ鋼板ハイブリット屋根材で屋根カバー工法工事

屋根より雨漏れがするとのお問合わせでお伺いいたしました。
Y様邸は20年以上メンテナンスを行っておらず、雨漏れの原因もすぐに検討がつくほど屋根がかなり悪い状態でした。スレート瓦も割れ、欠落しており、さらに屋根を雨から守ってくれているルーフィングが劣化していました。また、ルーフィングの下野の地盤がコンパネではなく、バラ板だったため余計に雨は直に2階の天井に漏れていました。
今回ご紹介するカバー工法はこのような状態でも、用意に修繕できる工法です。


1
施工前
1
施工前
1
施工前
1
施工前

まずは棟などの板金を撤去して、新たに屋根全体にルーフィングを施工します。もちろん、既存のスレート瓦は撤去せずに施工します。
今回はバラ板が貼ってあるのと、雨漏れが現状あるのを考慮して、粘着ルーフィングを選択しました。

1
板金撤去 ルーフィング貼
1
ルーフィング貼後


そして、屋根材本体を施工していきます。
今回、屋根本体に使用したのはストーンチップ鋼板ハイブリット屋根材です。
写真のいくつかの層で成形されています。

1
構造図
このストーンチップ層の石粒が外部からの熱を吸収し熱を和らげ、音を拡散してくれます。このため、鋼板屋根の熱の伝わりやすさを解消します。
また、凹凸と質量により、鋼板屋根材独特の雨音をおさえてくれます。そして、スカイメタルルーフは耐久性にも優れたジンカリウム鋼板を採用しており、瓦の1/8、平板スレートの1/3の軽さで、柱や梁に負担をかけにくく、建物にも優しい建材です。


色や形状は写真のラインナップがあります。
1
スレート
1
ウッド
Y様はウッドのチャコールを好まれ、こちらを施工しました。
1
本体施工後
1
本体施工後 完了

単純に雨漏れを修繕するよりも機能性もグレードアップして、さらに耐久性も抜群なのでお勧めです。また、平板の板金などのガルバリウム鋼板よりも意匠性も良いです。

Y様もずっと悩んでいた雨漏れを修繕できたことと、屋根自体は耐久性が高く、次回のメンテナンスまで20年以上問題ないということに大変喜ばれていました。
完成してご満足頂けて良かったです!

スカイメタルルーフにご興味を持たれた方や屋根のリフォームを含め外装リフォーム工事をもっと知りたい方は、ぜひリフォームスタジオニシヤマへお問合わせください!

屋根をカバー工法/重ね葺きした事例はこちら

欲しい情報が必ず見つかる検索窓




雑誌掲載されました!

582件

270件

43件

217件

246件

148件

求人のお知らせ

mynavi2018.jpg
バナー2.jpg 友だち追加