※郵便番号はお住まいの地域の相場と参考事例をご紹介させて頂くためにご入力頂いております。
  • HOME
  • ブログ
  • 築20年以上の屋根カラーベストのリフォーム工事(屋根カバー工法)

築20年以上の屋根カラーベストのリフォーム工事(屋根カバー工法)

築20年以上になりますが屋根をメンテナンスされていないため、今後が心配ということでお問合せいただきました。調査したところ日頃、紫外線や雨の影響により経年劣化が目立ちました。カラーベスト自体が反ってしまっていたり、小さいですがひび割れも見受けられました。 このような状態ですと塗装をしたところでしっかりとしたなおるわけではありません。今回の場合は塗装はやめてガルバリウム鋼板をカバー工法(重ね葺き)することになりました。
屋根材自体は断熱材が入っている金属瓦を使用します。スーパーガルテクトという屋根材を選定しました。この屋根材の性能は後ほど、紹介いたします。まずは施工方法をご紹介いたします。


1
屋根 施工前
1
既存棟板金 撤去

1
ルーフィング張り
1
役物付、本体施工

1
棟板金取付 施工完了
1
材料検収


以上のような工程で施工いたします。
既存の屋根の上にルーフィング(防水紙)を貼り、その上にスーパーガルテクトを施工します。
カバー工法(重ね葺き)は塗装よりも耐久性が高いので長持ちします。また、既存の屋根を撤去しないため施工日数が少なくなります。既存屋根を撤去しないので葺き替えよりもコストを削減できます。
そして、このスーパーガルテクトは遮熱性、断熱性があります。
詳しい性能や品質はこちらをご覧ください。


※下記画像をクリックすると詳細が大きく見れます。
1
性能・品質
1
性能・品質

1
性能・品質
1
性能・品質


スーパーガルテクトのカラーラインナップはブラック、ブラウン、ブルー、グリーン、チャコールの5種類。また、塗装グレードをアップしたスーパーガルテクトフッ素はブラック、ブラウンの2種類。
今回はこちらの商品でご紹介しましたが、カバー工法できる屋根材は他にもあります。ストーンチップ素材などデザイン性の高い屋根材もあります。

カラーベストで20年以上の経っている場合は単純に塗装ではなく屋根カバー工法もご検討ください。
ニシヤマでは外装リフォーム工事専門店なので塗装だけではありません。お客様の建物の特に重要なところである屋根をしっかりとリフォームいたします。
是非、お気軽にお問合わせ下さい。

屋根をカバー工法/重ね葺きした事例はこちら



雑誌掲載されました!

571件

262件

43件

216件

242件

146件

求人のお知らせ

mynavi2018.jpg
バナー2.jpg 友だち追加