※郵便番号はお住まいの地域の相場と参考事例をご紹介させて頂くためにご入力頂いております。
  • HOME
  • ブログ
  • ベランダの雨漏れ・下地の状況は開けて見ないとわからない!その驚くべき結果とは!?

ベランダの雨漏れ・下地の状況は開けて見ないとわからない!その驚くべき結果とは!?

下地の状況は開けて見ないとわからない


今回はシート防水を撤去してウレタンによる通気緩衝工法での防水工事を行いました。

既設の状態です。

既設のシートを撤去したところ写真の様にベランダ内部の木部が腐食していました。

確認すると表面のコンパネだけではなく縦柱も傷んでいます。

補強・補修するために一度腐っている部分を撤去していきました。

柱の両側に角材を入れて補強していきます。

内部を補強し終えたら写真のようにコンパネを隙間なく施工していきます。

補強が終わったらウレタン2層、トップコートを施工して完了です。

今回の工事でやはり下地の状況は開けて見ないとわからないということを改めて感じました。

症状が表面に現れている場合とそうでない場合があるので、断定はせずに色々なケース想定をして施工に入る必要があります。

但し、下地が傷んでいく段階で何かしらのサインが現れる場合が多いので、もし少しでも気になることや違和感を感じた場合は是非、一度弊社にお問合せ下さい。

適切な診断をして適切な工事を行わせて頂きます。

屋根外壁塗装についてのお問い合わせはリフォームスタジオニシヤマまで

now loading
now loading
外壁塗装 リフォーム
外壁塗装 リフォーム
外壁塗装 リフォーム

はじめにお読みください

ライン見積もり鑑定
area_bannar.jpg

欲しい情報が必ず見つかる検索窓




雑誌掲載されました!

703件

343件

48件

223件

310件

212件

求人のお知らせ


バナー2.jpg 友だち追加