※郵便番号はお住まいの地域の相場と参考事例をご紹介させて頂くためにご入力頂いております。
  • HOME
  • ブログ
  • へーベルハウス【外壁塗装前に知っておきたいポイント】お役立ち情報

へーベルハウス【外壁塗装前に知っておきたいポイント】お役立ち情報

へーベルハウスでお馴染みの旭化成。象さんが乗っても大丈夫という強固な作りが特徴ですね。鉄骨造で地震にも強くまた独自のデザインで大手ハウスメーカーの中でも人気ですね。さて、今回はそのヘーベルハウスの特徴と外壁塗装の際の注意点をいくつかご紹介していきたいと思います。

へーベルハウスの外壁塗装 
特徴その① -ALC外壁-


へーベルハウスでは外壁にALCが使われています。この外壁材のことを旭化成ではへーベルと呼んでいるようですね。さてこのALC、簡単に言うと軽石に鉄筋を差し込んだ構造となっています。軽くて耐火性が高く鉄骨造のマンションなどにも使われています。

asdf.JPG
ALC外壁の構造です。

実はこの外壁材には適切な工法を用いて外壁塗装を行う必要があります。




へーベルハウスの外壁塗装 
特徴その② ALC外壁のひび割れ


先ほど説明した通りALCの内部には鉄筋が入っていますので、ひび割れなどを放置しておくと外壁材の表面から雨水が侵入し内部の鉄筋を酸化させます。錆びるということは鉄筋の直径が膨らみますので、このふくらみに耐え切れなくなると外壁材が「爆裂」という現象を起こします。
IMG_2078へーベルハウス 外壁 塗装.JPG
爆裂寸前のひび割れ状況の写真です。

こうなる前にメンテナンスが必要ですので外壁塗装の際にはクラック補修やコーキングの打ち替えなど適切な処置が必要となります。



へーベルハウスの外壁塗装 
特徴その③ コーキングが必要

へーベルハウスなどのALC外壁には目地が多く通常は600㎜感覚で目地があります。このすべてのコーキングを打ち替えるとなると400m~500mの数量になります。しかしここが大きなポイントで先述したような爆裂現象が起きる前に予防として施工する必要があります。


IMG_2093.JPG
横目地のVカット後の写真です。
IMG_2132.JPG
縦目地、横目地のコーキング打ち替え後の写真です。

コーキングの打ち替えと言っても既存のコーキングをきれいに除去することはなかなか難しくALC自体が簡単に削れてしまうため「Vカット」をして打ち替えを行うことが通常です。ただしこれだけのメーター数を打ち替えると軽くその部分の工事だけで30万円は超えてきますので状態が良ければ縦目地はそのままで横目地は打ち替えることがポイントです。
これは縦張り外壁の特徴で縦目地には雨水は侵入しにくいのですが、横目地からは侵入しやすいので最低限横目地はコーキングの打ち替えをしましょう。




へーベルハウスの外壁塗装 
特徴その④  付帯部が少ないので安くなる



一般戸建て住宅と異なり陸屋根のため破風や鼻隠し、軒樋などがないため細かな部分の塗装が不要です。長方形の建物の特徴ですがこうした付帯部には塗装費用が一般戸建て住宅と比較して安価に収まります。


WS000004.JPG
写真の通り屋根が陸屋根のため付帯部が少ないですね。

付帯部が少ないため作業もしやすく塗装工程の施工日程も比較的短く組めることもへーベルハウスの利点ですね。





へーベルハウスの外壁塗装 
特徴その⑤  屋上防水


へーベルハウスに限ったことではありませんが屋上が写真の様な陸屋根形状になっている場合は防水工事が必須となります。通常はシート防水が施工されていますが既設の防水材をはがして工事すると費用が高額になるため改修工事では既存の防水の上からかぶせるような形で防水処理を行います。
as.JPG
陸屋根屋上防水の様子です。シート防水ですね。

特に四方に回っている立ち上がり部分をしっかりと施工、防水処理をすることがポイントです。


へーベルハウスの外壁塗装 
‐まとめ‐


どのハウスメーカの見積もりも高いのは周知の事実です。そこにはすでにご存知の方も多いかと思いますが「中間マージン」というものが含まれています。もちろん元受けとしての施工管理、安全管理に費用が掛かることと、ブランドとしての価値を下げないような工夫があるのかもしれません。

しかし工事が終わってしまえばそれほど大きく仕上がりが異なることもありませんのでできるだけ安く外壁塗装、外装リフォームを行いたいというのもお客様心理として理解できます。
ただしここで注意したいのは安ければよいというものではないということです。もちろん先述したようにハウスメーカーのようにただ単に単価が高いというのも考え物ですが、安いからと言って飛びつくのも問題ですね。見積金額が高くなるのであればその理由と明細、つまり工事内容と見積金額のバランスが最も重要になります。

建物に何の不具合もなくただ塗装すればよい、という状態であれば同じ塗料で単価比較をすれば問題は少ないと思いますが、築年数が10年以上経過して何の不具合もない建物を私は見たことがありません。

例えばお客様が気づかないような雨漏れ(室内には漏れていないような場合)があったり、新築時の些細な施工不良が原因で将来起こりうるリスクの回避をするための工事が必要であったりと着眼すべきところは多数あります。

こうした箇所についてはむしろハウスメーカーよりも実際に現場で施工を行い多数のハウスメーカーを手掛けてきた施工店だからこそポイントが理解できるものです。

このような実情から一度地元のリフォーム店や施工店にも建物診断と見積もりを依頼してみることをお勧めします。

ヘーベルハウスの屋根外壁塗装についてのお問い合わせは
リフォームスタジオニシヤマまで。



そのほかにも当社で施工したヘーベルハウスの屋根外壁塗装の施工事例です。



へーベルハウスの屋根外壁塗装、外装リフォーム 施工事例




雑誌掲載されました!

571件

262件

43件

216件

242件

146件

求人のお知らせ

mynavi2018.jpg
バナー2.jpg 友だち追加